3D-Swing-Mentor

ようこそ


「ゴルフのスイング中にしていること」
それは、、、。。

(1)ゴルフクラブの重心の管理と(2)グリップにエネルギーを与えていること、、に過ぎないと言っても過言ではありません。もちろん、身体の動きは重要ですが、そこで発生したエネルギーはグリップを通じてしかゴルフクラブには伝わりません

アマチュアゴルファーの殆どの方は、「クラブの重心の管理をする」重要性を知りません。

一方、ゴルフのプロフェッショナルは、恐らくジュニアの頃からその管理が自然とできてしまっているのでそれを指導現場で伝えることがあまりありません。

Jacobs3Dで解析されるグリップにおける三次元データは、まずゴルフクラブの重心の管理をして、クラブ力学に整合するエネルギーをグリップに与えるのが最重要であることを示唆しています。一方でエネルギー出力の大元である身体の動きは個体差があるので人により千差万別で良いと考えます。

重心をスイング中に目視認知でき、ゴルフクラブの偏重心特性を20-25%増幅した練習器具 3D Swing Mentorを開発しました。

この器具を正しく振るだけで重心管理と効率的なグリップエネルギーの掛け方、スイング中にグリップ内でどのように重心を感じ続けるのか、圧力変化を実感することができます。

この3D Swing Mentorを正しく毎日振るだけで、脳と筋肉の情報処理連鎖が生まれ、自然とクラブ力学に整合したスイングを身につけることができると確信します。また、器具の精緻なウェイト配分により、アイアンからドライバー、女性から男性、子供から大人までそれぞれ幅のある重心特性をほぼ網羅しています。

精密な曲率で実現された2箇所の曲げ
精密な曲率で実現された2箇所の曲げは、ゴルフクラブの基本設計コンセプトである切返し時のルーピングとダウンスイング時の進行エネルギー転換を増幅して実現するため、ゆっくりとした連続素振りで正しいクラブの挙動を体得できることになります。

フルスピードのフルスイングも可能で、その際にも怪我がないように人体工学的に設計されています。特にプロフェッショナルゴルファーや上級アマチュアゴルファーは、スイング中のエネルギー流列を感じることができ、エラーがどのタイミングで起きているのかについての気づきを得ることができるでしょう。

これだけの特性を実現するために、製造工場の理解と多くの努力が必要でした。多くの皆さんにお届けできるよう品質を確保しながらコストを最大限に抑える努力をしています。

推薦文

正しくない自己流の動きにハマってしまってるアマチュアから抜け出そう

プロは正しい動きを追求している、アマチュアは正しい動き追求するも、正しくない自己流にハマってしまってる。
この差はどこで生まれるのだろうか?
この差を埋める練習器具があるといいと思いませんか?
人体工学の観点から骨格に負担をかけず筋肉に記憶となる負荷をかけ理想の動きを記憶させる今までなかった練習器具が3Dスイングメンターです。
騙されたと思って振ってください。3ヶ月後にあなたのゴルフは変わるでしょう。

Jun Hisa
スポーツプログラムス代表。「タッチダウン」
「トレーニングジャーナル」などの編集長を経て オリンピック強化スタッフ、 フィットネスドクターとして活躍。 「青木功「体」の奥義など著書多数

これだけ科学的エビデンスがしっかりした練習器具は今まで無い

Tsuguhito Ota
この器具の開発には設計にあたっては、多くの専門家(人体工学・脳科学・USゴルフ研究機関)の意見を反映させたとのこと。

これだけ科学的エビデンスがしっかりした練習器具は今まで無いのではないかと思います。私は、クラブデザインを30年してきていますが、悔しさ半分嬉しさ半分、物造りに長くたずさわる人間としてとても刺激を受けました。

道具をうまく扱うものが勝つのがゴルフ、この練習器具を相棒に結果を出していきたい

三觜喜一プロにコーチをお願いしてから私のスイングは根本的に変わりました。
黒子のようにチームをサポートされているタスクさんのYouTubeをお手伝いするようになってから、ゴルフクラブは結局は完全に物理的な道具なのだなということを学んでいます。

私は子供の頃から呼吸をするようにクラブを扱っていますが、もっと効率的に扱えるのだと確信しました。
毎日この練習器具を振っています。振っているとスイング中のどこが問題なのか気づきがあります。
道具をうまく扱うものが勝つのがゴルフ、この練習器具を相棒に結果を出していきたいと思います。

Mizuki Seto
2019年に単年登録でLPGAツアー参戦、ゴルフ5レディス16位 柔軟な身体と抜群のセンス
ゴルフ科学を勉強しながら急成長中

ゴルフの上達に悩んでいる全ての人達に、オススメしたい道具です

この道具の凄い所は、偏重心というゴルフクラブの特徴を感じ取れるところにあります。

体に意識を向けても中々上手くいかなかった方は、練習のパラダイムシフトになるのではないでしょうか。
クラブを体の一部として使う事が、ゴルフスイングの1つゴールだと感じます。

体の一部として扱うには、クラブの情報を受け取らねばなりません。
ゴルフクラブの特徴である、偏重心を感じる事が、ゴルフクラブを体の一部として扱う鍵になります。

効果的に練習を積んでいく為の、感覚のウォーミングアップとしてこの道具を使ってみて下さい。

きっと今までと違うスイングに導いてくれます。

原友弘

日本体育協会公認アスレティックトレーナー

使い方

動画

一人でも多くの方に、正しい重心管理と効率的なグリップエネルギーを学んでいただき、それぞれのゴルフライフを楽しんでいただきたいと考えております。
(注)本製品の初期製造ロットは、Sience Gear 3D Swing Master という名称でプロトタイプとして価格を抑え数量限定で販売し完売いたしました。この製品関する皆様のフィードバックを基に改良された商標登録名 3D Swing Mentor を正規販売開始致しました。ただし、新製品と旧製品の基本的な力学構造は一切変わっておりませんので旧製品をお使いの皆様もご安心ください。これまで私共にフィードバックをして頂きました皆様、本製品で練習に励んでいただいている皆様のご協力に感謝いたします。

3D Swing Mentor は日米で意匠登録済みです!
商品定価価格:26,800円(税込29,480円)

商品詳細

3D Swing Mentor
【総重量】
*670g
*スイングスピードが早い人でも適応しています。

【重り(ウェイト部分)】
*緻密な構造計算で内部ウエイト、外部ウエイトを装着
*シャフトにあるキックポイントを全て網羅できるように設計されている
*ウェッジからドライバーまでの重心深度の幅を考慮

【材質】
*ステンレス(ボディがさびなく長持ちするように)

【適しているクラブ】
*ドライバー、アイアン、アプローチ、ウェッジ全て練習可能

【対象】
子供、女性、男性どなたでも利用可能

【利き手(右きき、左きき)】
左うち、右うち両方可能

【特徴】
*重心をキャッチしながらスイングできる
*ゴルフクラブの偏重心特性を約 120%強に増幅
*このデバイスを振るだけで理想のクラブ挙動を実現でき、身体は勝手に反応
*シャフトの様々なキックポイント特性を網羅できるように設計
*ウェッジからドライバーまでの重心深度の幅を考慮
*第一の曲がり(R)がクラブの切返し時のルーピングを正確に再現
*第二の曲がり(R)がダウンにおけるクラブの進行エネルギー変換を正確に実現

【エネルギー効率】
直線的に動かないため、スイングした際に生まれるエネルギーをロスさせない

【構造】
*重さなど遠心が加わったことを踏まえ計算され、骨格や健に負担をかけない
*スイング中は筋肉のみに負荷をかける構造

PAGE TOP




株式会社 3Dサイエンスゴルフ

〒107-0062 東京都港区南青山4−2−12−511




MENU
HOME